快適な時間をお金で買う

おはようございます


ホーホーです


今日はとても天気が悪い


どんよりした天気ですなあ


そして、私の体調も悪い


天気の悪さもあって、気分もどんよりです


これは完全にブルーマンデーってやつだ笑


いつもならもう会社に着いているころなのですが、今日は少しでも睡眠を確保しようと1時間長く寝たため、ついさっき家を出たばかりです


首都圏に住んでいることから、当然この時間の電車は激混み


とても乗れたものではありません


ということで


グリーン車に乗りました!!


満員電車から解放されるって素晴らしい


まさにユートピアですよ


ゆったりとくつろぎながら、こうしてブログを更新することもできますしね


お金って、本質的には、時間を買うためにあると思っています


グリーン車を購入することで、快適な時間を買う


レストランでは、オシャレな時間を買う


映画館では、ワクワクする時間を買う


このように、気づかないうちに私たちは、自分が過ごしたい時間をお金によって買っているのだと思います


また、モノを買うときでも、私たちはそのモノだけではなく、そのモノを作るために費やされた、誰かの時間も買っています


モノには必ず誰かの労働時間が注ぎ込まれていますからね


マルクスが著書『資本論』で述べたところによれば、価値の源泉は労働です


労働とはすなわち誰かの時間


そう考えれば、お金を支払う行為は、何らかの時間を買うということにほかならないのではないでしょうか


さて、もうすぐ会社の最寄駅


グリーン車での通勤も終わりそうですのでこのへんで(ブログ更新してる暇があったら少しでも寝てた方が良かったのかも)